代表取締役退任のご挨拶

みなさん、こんにちは豊吉です。
本日、私が代表取締役を退任することを発表いたしました。2018年11月30日から代表は現在弥生株式会社の取締役で、株式会社Misocaの取締役でもある安河内崇氏になります。

この投稿は(とても寂しいですが)最後の挨拶となります。Misocaの関係者、特にユーザーの方に向けて、これまでお世話になったお礼と思い出を少しだけ綴りたいと思います。

当社は2011年6月に私と松本の二人で創業しました。Misocaをリリースしたのはその約半年後です。Misocaのアイデアは私のプリンタと請求業務が苦手であるというところから生まれました。

当時私は絶対に会社にプリンタを置きたくないという強い気持ちに取り憑かれており、USBメモリに請求書PDFを入れてコンビニで印刷するということを毎月やっていました。海外には1通から郵送してくれるサービスがあったので試したこともあるのですが、請求書がエアメールのカラフルな封筒で届いて諦めたということもありました。そこで「ないなら作るか!」と作り始めたのが最初です。当初私はこのサービスにオクールという名前を提案していたので、今は却下されて本当に良かったなと思っています。

Misocaをリリースしてからは私にとっては初めてのことばかりでした。ユーザー登録があり、Twitterに誰かが書き込むといったことに一喜一憂していました。ユーザーのオフィスに行ったり、一緒に機能を考えてリリースするということもしました。「顔を見てみたい」と突然オフィスに訪問してくる人がいて驚くということもありましたが、そんな毎日はとても楽しかったです。

時にはよくないこともありました。お金を扱うサービスなので自動テストを取り入れるなど品質には気をつけていましたが、リリース当初は不具合や障害も今より頻繁にありました。当然のことではありますがヘビーユーザーほど不具合に遭遇する確率が高く、何度も同じユーザーに迷惑をかけるのは特に辛かったです。

しかし、うれしかったのは私が電話やメールで謝罪すると「丁寧に連絡ありがとう。がんばってね」と応援してくださる方が多くいらっしゃったということです。逆にお詫びの連絡がきっかけで導入事例に出てくださる方すらいました。緊急で障害対応をするプレッシャーと反省で落ち込んでいるなか、多くの方の暖かい反応には本当に助けられました。

そんなユーザーの方々のおかげでMisocaは広がっていき、登録数では20万を超えるまでのサービスになりました。Misocaに関するツイートは今でも全てチェックしていますが、ありがたいことにビジネス向けサービスとしては普通よりかなり多い口コミがあると感じています。最近では特にIT業界ではMisocaを知っている人がいるのが当たり前になりました。昨年ごろには、私の父親から仕事で偶然Misoca製の請求書を受け取ったと聞いて、それにはさすがに驚きました。

昔の話になりますが、Misocaの開発を始める前に知り合い20人ぐらいにインタビューをしたところ、すぐに使いたいと言ってくれるのは数人ぐらいだったということがありました。私は強い違和感を抱いていることだけど、多くの人は請求書を印刷して郵送するのが当たり前と思っていたということでしょう。それが今これだけ多くの人に見つけてもらえ、便利と感じてもらえるのは一人のプログラマとして最高に幸せなことだと感じています。本当にありがとうございました。

最後になぜ今辞めるのかという話をさせていただきます。タイミングとしては2016年に弥生のグループ入りする時に3年を一区切りということで弥生とも話しており、その時の気持ちが変わらなかったので、わがままを通させてもらったという形になります。なぜ辞めるのかという理由は、考えてみたのですが、なぜ起業したのかという理由とまったく同じでした。

私はこの会社を作る前はフリーランスでWebシステム制作などをしていました。仕事は順調でしたが、経験を積む中で「Webサービスで自分の力を試してみたい」「せっかくプログラムが書けるのだから世の中の役に立ちたい」という気持ちが湧いてきて起業をしました。今回も同じようにもっと困難な力試しをしたい、もっともっと多くの人に役に立つことをしたいと思ってしまいました。

Misocaでやり残したことはあります。しかし社員も20名を超え、弥生という強力なバックアップも得た今、私がいなくても大丈夫な体制になっています。「究極のMisoca」という私の考える理想の形というのも社内文書にきちんと残してありますので今のメンバーやこれから入るメンバーが私の想像を超えるものにしていってくれるでしょう。

とはいえ、新しいチャレンジをしたいからといって特別なことをしようとは思っていません。Misocaを松本さんと始めた時と同じように、まずは問題がある現場に行き、当事者になり、よく話を聞くというところからふつうに始めるつもりです。

さて、随分長くなってしまいました。書けば書くほどMisocaとみなさんとの懐かしい思い出が蘇ってきて、この文章を書く時間自体もとても楽しいものになりました。

Misocaユーザーのみなさんと私は、たった1枚の紙の郵送を手間に感じるという点で、同じ仲間なのかなと勝手に思っております(そうですよね?)。そうであればきっとまた引かれあい、どこかで会うでしょう。その時、みなさんも、みなさんのチャレンジでワクワクできていてくださったら私はうれしいですし、もし一緒に仕事をできるなんてことになれば最高だなと楽しみにしています。

Misocaリリースからの7年間、みなさま本当にありがとうございました。
世の中を仕組みでシンプルにするため、新たなスタートをきるMisocaのことをどうぞよろしくお願いいたします。

代表取締役 豊吉隆一郎(@toyoshi

関連URL

代表者変更のお知らせ | Misocaプレスルーム

「20億人の未来銀行」を読んだ

『20億人の未来銀行 ニッポンの起業家、電気のないアフリカの村で「電子マネー経済圏」を作る』という本を読みました。

日本植物燃料株式会社の代表の合田 真さんが世の中の不条理をなくすために、アフリカの村で電子マネーを使った銀行を設立しようとしている話です。

本書によればまだ世の中には銀行口座を持たない人たちが20億人いて、今後そういう人は40億人にもなろうとしているそうです。銀行がないとどうなるかというと、貯蓄の概念が生まれにくいですし、現金取引しかできないから必要なものも手に入りにくく、そして何よりお金をお金を借りられないので不測の事態に弱く、リスクをとったチャレンジもできない。

タイトルに銀行とありますが金融の話などはほとんど出て来ませんので、とても読みやすく、文化のギャップからくる面白いエピソードもたくさんです。
本書にも出てくるエピソードは下記記事でも読めるので立ち読み気分で読んで、ぜひ本書も買ってみてください。

「アフリカの呪術師」と全面対決するため、電子マネーを導入した話。 | Books&Apps https://blog.tinect.jp/?p=36606

私は世の中の不条理に立ち向かっているか?そんな自問をせざるを得なくなる強烈な一冊でした。

Misocaのリモートワークのやり方2018

こんにちは、豊吉です。

Misocaはリモートワークでやってる会社なのですが、最近ひとくちにリモートワークといっても各社いろいろなやり方があるのだと知りました。Misocaはリモートワークを初めて6年になります。いろんな工夫もしてきました。そこで今回はそんな我々のリモートワークを紹介します。

リモートワーク状況

採用サイト:数字で見るMisocaより

まずMisocaは名古屋市と松江市に拠点がある会社です。拠点以外の場所でも採用しており、現在福岡、島根、鳥取、富山、埼玉、大阪、岐阜、東京などに人がいます。

申請なしで全員リモートワークOK

リモートワークをするのに申請はいりません。研修中であるなどの例外を除き、誰でもいつでもリモートワークOKです。

(そもそも私には申請が必要という発想がなかったのですが、よく聞かれるので書いておきます。)

工夫していること(1) 場所は別々・仕事は同じ

全員がリモートワークできるだけでなく、社員全員がオフィスにこなくても(ほぼ)大丈夫という体制で会社の仕組みができています。どの会議もオフィスに人がいなくても普通に開催されます。

そしてオフィスの人とフルリモートの人で仕事をわけていません。全員が同じメンバーとして働いています。なのでフルリモートのメンバーがプロジェクトのリーダーの役割をすることもありますし、評価制度上の評価者をすることもあります。

工夫していること(2) 常時接続と監視カメラ

リモートワークするときは常時ビデオ会議システム(Zoom)に繋げておくというのがルールになっています。話すときだけ繋げるとするよりも、このほうが距離が近く感じるからです。

これによりリモートからオフィス、オフィスからリモートにも「◯◯さん、ちょっといいですか?」というように同じ部屋にいるように話しかけられるようにしています。

これをやっていない頃は、話したいときに「今Skypeいいですか?」などとチャットで聞く必要があり、これがストレスになっていました。

Zoomは開発マシンで動かし続けるには負荷が高いので、リモート前提で採用する人には開発用マシンとは別に我々が『リモートキット』と呼んでいるPC、マイク、スピーカーのセットを支給しています。

またリモートからオフィスに誰がいるかわからないと困ることが多かったので、オフィスには部屋全体が映るカメラが設置されています。世の中にはリモートの人を監視するソリューションがあったりするそうですが、Misocaではリモートの人がオフィスを監視しています。

工夫していること(3) 二週間のオンボーディング

%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af

(図: 新入社員向けの社内Wiki)

フルリモートで採用した人は、最初の二週間は名古屋に滞在してもらってオフィス通勤をしてもらいます。会社の色々を覚えてもらうことはもちろん、できるだけ多くの人と顔を合わせて密に話してパーソナリティをお互いに理解することが目的です。

名古屋滞在中にはリモートワークの練習ということで、滞在中のホテルなどから仕事をしてもらいリモートワークの感覚を掴んでもらったりもします。
(採用プロセスの中にも、別室でSlackだけで連絡を取り合いながら課題に取り組んでもらうという『擬似リモート』というテストをやっています。)

Tips(おすすめ情報とおすすめしない情報)

  • マイクとスピーカーの質がコミュニケーションの帯域を大きく左右する。2万以下ぐらいの機器はだいたい使えないと思った方がいい。複数人で話す場合に快適なのはヤマハの会議用マイク以上の製品です。逆に個人が使うものだとiPhone付属のイヤホンマイクで十分です。
  • しかし高級で感度の良すぎるマイクだと遠くの音まで拾いすぎるということも・・・
  • リモートランチ会、リモート飲み会などをするときは全員がリモートである必要がある。どこかに3人以上集まっているとそこ中心に話が進んでしまう。
  • 画面共有は非常に有効。Trello、議事録、カレンダーなどを共有しながらミーティングをすることで普通の会議より捗る
  • お菓子のビニールの音はマイクが拾いやすい。マイクの近くでお菓子を食べない。
  • たまには集まる。今は年に2回、全員集合するイベントがあります。(通称:社員全員OFF会)

よくある質問

サボる人がいないか心配ではありませんか?

最初聞かれたときは、そんな考え方をしたことがなかったのでびっくりしました。そんな人はいないと信じるという建前と、サボる人はオフィスでもサボるので気にしても仕方がないという割り切りでいます。

ただ、Misocaでは日報、朝会といった形で毎日コミュニケーションをとっているので、サボり続けるのはなかなか難しいです。サボるかどうかはチェックしていないけど、成果を出しているかどうかはチェックしていると言えるかもしれません。

対面よりコミュニケーションが十分に取れないのでは?

取れませんがこれも気にしても仕方ないです。私は紙の書籍の方が電子書籍より読むスピードが速いですが、電子書籍でも本を読みます。それと同じでデメリット以上のメリットがあるということです。

経費精算・勤怠管理は?

両方Web上のサービスを使っているのでリモートでも問題ありません。

今ある課題と今後

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-03-02-22-53-42

これまで色々な課題を乗り越えて今のスタイルになりましたが、課題もあります。よく挙がるのが雑談がしにくいというものです。雑談専用の部屋を作るなどの工夫をしたりしていますがうまくいっていません。それぞれのパーソナリティを知っていた方が仕事がしやすいことがあると思いますので、何か良い方法があれば試してみたいです。

最後に

Misocaのリモートワークは3人目のMisocaメンバーである@eitoballがジョインしたときに始まりました。@eitoballは県外からのリモートワークを希望していました。当時私たちにとってリモートでの開発は初めてでしたが、以前から尊敬していたエンジニアである@eitoballとリモートで働くか、働けないかという選択は迷うことは何もありませんでした。

私やMisocaは「なにをつくるか」ということと同じぐらい「どのようにつくるか」(正しい人と、正しい方法でつくる)ということを大事にしています。そのためにはMisocaの文化にマッチし、一緒により良いチームを追求できる人と働きたいです。そのためには働く場所の優先順位はとても低いと考えています。(採用サイト代表メッセージ

リモートワークのための環境やツール類はまだまだ発展途上です。工夫してきたとはいえ我々のやり方に大小様々な課題はまだあります。しかし大事なのは誰と働くかということです。課題があったとしてもMisocaの改善の文化で乗り越えて、どんどんいいものにしていきたいと思います。

おまけ(合わせて読みたい)

Misocaと富山と私 – Misoca開発者ブログ
スナバからのリモート勤務 – Misoca開発者ブログ
リモートワークは一つの手段 – Misoca開発者ブログ
Misocaのリモートワーカーの仕事環境 – Misoca開発者ブログ

ユーザーインタビューに行ってきました。インタビュー先募集中。

こんにちは、豊吉です。

先週の木曜日に受注フォームの機能のパワーアップのためMisocaユーザーのところへ訪問させていただきました。複数のインタビューを予定しており、東京の弥生チームが東京方面、私は名古屋方面という分担で今回は浜松にいきました。

受注フォームは主に製造業や卸売業、小売など同じものを何度も受注するような業種向けの機能です。まだまだFAXで受注することが6〜7割程度と我々はみており、その無駄を無くしていきたいというのが目標です。スマホとかでパパッとやりたいじゃないですか。

今回のインタビュー先は食品の製造業をしているところで、作ったものをレストランなどに卸しています。去年末ごろからMisocaの受注フォーム機能を使い始めて

  • 納品書から請求書が簡単に作れるようになって嬉しい
  • スタッフが手入力で納品書を作っていて間違いが発生するということがなくなった

ということでした。「なくてはならないツール」とまで言っていただきとても嬉しかったとともに、改善のアイデアなどもいただき、とても有意義な時間になりました。

Misocaはもともと私のフリーランス時代の「請求書を送るのが面倒くさい!」というところから作り始めたツールです。なので、私がやっていたソフトウェア開発関係の業種でどう使われているか、フリーランスがどういうものを求めているのかというのは誰かに聞かなくてもだいたい想像ができます。しかし、全く関係ないところになるとやっている人の話を聞きにいくしかありません。

今回のインタビューでも、「食品なので納品のN日前には注文してもらわないと困る」「似たような原材料の製品は同じタイミングで製造したいので受注日を揃えている」など聞いてみてなるほどーとなることがたくさんありました。

インタビューの内容はレポートにまとめて社内で共有したり、録音の許可がもらえたものについては開発者も聞いたりして機能追加の参考にします。もちろん全ての機能を順番に実装していくわけではありません。また、声の多い機能を順番に採用するわけでもありません。そのあたりの選び方、絞り方はまた次回にでも書きたいと思います。少し時間をかけるだけでユーザーも欲しいものが伝えられ、我々もあてずっぽうの機能を開発する必要のないインタビューは本当に素晴らしいと毎回感じます。

というわけで、今我々はMisocaをよりよくするためインタビューをどんどんやっております。

もし受注を毎日しているようなお知り合いに心当たりがありましたら、以下の簡単なアンケートフォームを、関連のありそうな方にシェアまたは転送してください。

このアンケートの目的は我々の学習で、皆様が今どのように受注業務を行なっているのかを知ることです。このアンケートの結果、何かを売り込むということはありません。貴重なアドバイスをいただけると幸いです。

アンケートURL
https://goo.gl/forms/8mHsdz58OdIpXR3K2

部活動の苦しみとエッセイの書き方

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)を読みました。

目次
プロローグ 人を動かす書く技術
第1章 「書く」ことで生活が劇的にチェンジする
第2章 まずゴールを決める
第3章 ビジネスの文書力
第4章 学生のための文章術
第5章 メールは余力を残すな
第6章 評価されるワンランク上の文章力

これまでも文章術のような本は何冊か読んでおり、例えば『理科系の作文技術』や『新しい文章力の教室』は文章を書く技術についてはとても学びが多いものでした。

しかし、いくら技術や知識を得て文章力をあげたとしても、自分の文章力というのは定量的に計測することが難しいため、文章を書くたびに「これでいいんだろうか?」という不安や苦しい気持ちは消えませんでした。そういう疑問にこの本の著者ははっきりと回答してくれます。

私が重視するのは、文章の書き方ではなく、その「内容」の方です。「内容」とはすなわち、物事をどう捉えたか、発見は何であるか、ということに尽きます。
発見というのは、何も「人類史上初の発見」である必要はありません。書き手であるあなたにとっての発見は何なのか、ということです。
(中略)
私たちが求めているのは、そういう芸としての文章力ではありません。ここでの書く力とは、発見や独自の視点が盛り込まれた文章を書く能力です。

プロのような文章力は必要なく、とにかく書く人の発見や独自の視点が盛り込まれているかどうかが最重要だと定義してくれているわけです。

そんなの当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、私には大きな発想の転換を与えてくれました。私は文章を書くというとどうしても有名な小説家などの文章の表面的な部分と比較してしまい「自分はなんて語彙が少ないんだ」「こんな全然奇抜じゃない結論にしか出てこないんだ」と悲しい気持ちになるからです。

本書では何度も「文章力は重要ではない」「あなたの発見が何より大事だ」と繰り返され、表面的な技術より大事なことがあると説いてくれます。そのためなんだか自分の文にも意味があるような気がして自信が湧いてきました。(そしてこの文章を書いています)

本書を読んで思い出したのが下記の記事です。

ドイツ人元Jリーグ監督が”部活”に抱いた違和感「練習が休みと言ったら全員喜ぶ」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト : https://the-ans.jp/column/16911/

この記事では日本の部活動はおかしい。部活動は苦しいのが当たり前になっているが、ほとんどの人はプロになるわけではないのだから楽しいものであるべきだ。ということが述べられています。

この記事を読んで、部活は苦しいのが常識だと思ってきた私は頭を思いっきり殴られたかのように頭がグラングランしました。なぜこんなことを一度も疑うことがなかったのだろうかとショックを受けたからです。

いつ私は部活動は苦しく、読書感想は難しいものだろうと思い始めたのでしょうか?私の場合は小学校でのサッカー少年団での経験や読書感想、行事の感想文の経験でしょう。それが今36歳になるまで約30年近くアップデートされずに勝手に苦しいだの辛いことだのと思い込んでやってきてしまったわけです。

そう考えると他にもどれだけ無駄な思いこみってあるんだろうと恐ろしくなってきます。(逆に楽しいと思ってるけどしっかり考えると楽しくないという思い込みもありそうです。怪しいのは飲酒かなあ。)

とにかく本書で読書感想、エッセイ、ビジネス文書や小論文の書き方の型と心構えというのを学ぶことができました。有名な小説家の文章術や洞察力の高い人の発見などとの比較を気にせず、自分なりの視点に注目し、これまで以上にノビノビと文書が書けそうです。

(この記事は本書で紹介されている基本の型を元にタイトルづけ、結論、途中のステップなどを組み立てました)

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)

豊吉隆一郎

株式会社Misoca代表取締役

2002年より名古屋にてフリーランスとしてWeb制作を始める。
2011年6月、株式会社Misoca(旧スタンドファーム株式会社)を設立。

趣味はマラソン、将棋、マニュアル化。
CSNagoya勉強会共催者、名古屋Ruby会議スタッフ、OSCNagoya2011実行委員長など

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

最新記事