請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

部活動の苦しみとエッセイの書き方

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)を読みました。

目次
プロローグ 人を動かす書く技術
第1章 「書く」ことで生活が劇的にチェンジする
第2章 まずゴールを決める
第3章 ビジネスの文書力
第4章 学生のための文章術
第5章 メールは余力を残すな
第6章 評価されるワンランク上の文章力

これまでも文章術のような本は何冊か読んでおり、例えば『理科系の作文技術』や『新しい文章力の教室』は文章を書く技術についてはとても学びが多いものでした。

しかし、いくら技術や知識を得て文章力をあげたとしても、自分の文章力というのは定量的に計測することが難しいため、文章を書くたびに「これでいいんだろうか?」という不安や苦しい気持ちは消えませんでした。そういう疑問にこの本の著者ははっきりと回答してくれます。

私が重視するのは、文章の書き方ではなく、その「内容」の方です。「内容」とはすなわち、物事をどう捉えたか、発見は何であるか、ということに尽きます。
発見というのは、何も「人類史上初の発見」である必要はありません。書き手であるあなたにとっての発見は何なのか、ということです。
(中略)
私たちが求めているのは、そういう芸としての文章力ではありません。ここでの書く力とは、発見や独自の視点が盛り込まれた文章を書く能力です。

プロのような文章力は必要なく、とにかく書く人の発見や独自の視点が盛り込まれているかどうかが最重要だと定義してくれているわけです。

そんなの当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、私には大きな発想の転換を与えてくれました。私は文章を書くというとどうしても有名な小説家などの文章の表面的な部分と比較してしまい「自分はなんて語彙が少ないんだ」「こんな全然奇抜じゃない結論にしか出てこないんだ」と悲しい気持ちになるからです。

本書では何度も「文章力は重要ではない」「あなたの発見が何より大事だ」と繰り返され、表面的な技術より大事なことがあると説いてくれます。そのためなんだか自分の文にも意味があるような気がして自信が湧いてきました。(そしてこの文章を書いています)

本書を読んで思い出したのが下記の記事です。

ドイツ人元Jリーグ監督が”部活”に抱いた違和感「練習が休みと言ったら全員喜ぶ」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト : https://the-ans.jp/column/16911/

この記事では日本の部活動はおかしい。部活動は苦しいのが当たり前になっているが、ほとんどの人はプロになるわけではないのだから楽しいものであるべきだ。ということが述べられています。

この記事を読んで、部活は苦しいのが常識だと思ってきた私は頭を思いっきり殴られたかのように頭がグラングランしました。なぜこんなことを一度も疑うことがなかったのだろうかとショックを受けたからです。

いつ私は部活動は苦しく、読書感想は難しいものだろうと思い始めたのでしょうか?私の場合は小学校でのサッカー少年団での経験や読書感想、行事の感想文の経験でしょう。それが今36歳になるまで約30年近くアップデートされずに勝手に苦しいだの辛いことだのと思い込んでやってきてしまったわけです。

そう考えると他にもどれだけ無駄な思いこみってあるんだろうと恐ろしくなってきます。(逆に楽しいと思ってるけどしっかり考えると楽しくないという思い込みもありそうです。怪しいのは飲酒かなあ。)

とにかく本書で読書感想、エッセイ、ビジネス文書や小論文の書き方の型と心構えというのを学ぶことができました。有名な小説家の文章術や洞察力の高い人の発見などとの比較を気にせず、自分なりの視点に注目し、これまで以上にノビノビと文書が書けそうです。

(この記事は本書で紹介されている基本の型を元にタイトルづけ、結論、途中のステップなどを組み立てました)

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)

Misocaアンバサダーとつくった機能を公開しました

img_1120

こんにちは、Misocaの豊吉です。

今日は娘の誕生日会を自宅で開催しました。私はチャーシューを作る役をやりました。以前自作した低温調理の器具を使い、63度で8時間加熱してオーブンで焼いたのが冒頭の写真です。脂の部分が『千と千尋の神隠し』で千尋のお父さんが食べていた豚のような照りが出せてよかったです。

さて、先日カレンダーアプリとの連携機能をリリースしました!

お使いのカレンダーアプリに請求書の支払期日(入金予定日)を自動的に表示できるようになりました。

こちらの機能は大変便利なのですが、Misocaのアンバサダーの方と一緒に作るという普段とは違うプロセスを経て開発がされました。

アンバサダーミートアップというMisocaメンバーとアンバサダーとのイベントで、Misocaについて改善点などを聞いていたところ、それはいい!というアイデアがアンバサダーの方から出てきたのでその場で採用を決定したのでした。

Misocaの新機能をアンバサダーと創る。|Misoca(ミソカ)スタッフ Mihoのブログ

ミートアップで印象に残ってるのは、アンバサダーの皆さんからはMisocaを使っている時ではなく、請求が終わった後の話がかなりでてきたことです。

我々はMisocaをよくしようと考えるとついMisocaを操作している時のことばかりを考えてしまいます。しかし利用者にとってはMisocaを使う前後も同じ仕事の流れなのです。

当たり前のことなのですがハッとさせられました。そして「Misocaで請求書を送った後の入金日を忘れたくないんだよね〜」という話しから今回の機能の開発をすることになりました。

アンバサダーのみなさま、今回はご協力ありがとうございました。

取引のプラットフォームを目指して、請求の前も後もサポートするサービスにしていきます。

「2017年末!名古屋にUターンしてMisocaオフィスを見てみよう会」開催のお知らせ

今年も年末の12月30日に名古屋のMisocaオフィスで個別の会社説明会をすることになりました。

タイトル:2017年末!名古屋にUターンしてMisocaオフィスを見てみよう会
応募URL:https://misoca.doorkeeper.jp/events/68411
日時:2017-12-30(土)10:00 – 17:00(1コマ1時間)

これは、5月の大型連休、お盆、年末のタイミングでこれまでも開催してきたイベントで、嬉しいことに毎回満員の応募をいただいています。

対象者は名古屋や島根へのUターンやIターンを考えている人、名古屋に住んでいる転職希望者です。

一人ずつ60分ぐらいの時間で気になることを聞いてもらったりする時間になります。面接ではないのでこちらから詰めるような質問はありません。私としてはMisocaのオフィスの雰囲気や、私がどういう想いでサービスや会社作りをやっているかと知っている人が増えるのはいいことだという心構えでやっています。ぜひ名古屋駅の買い物の途中に寄るぐらいの感じで気軽にご参加ください。

興味がある方は、Misocaの採用サイト(https://recruit.misoca.jp/)をご覧いただき「残業なしって本当だろうか?」「リモートワークってうまくいってるの?」といった質問を持ってきていただけるとより有意義な時間が過ごせるかもしれません。

では、これを読んでくださっている皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

「内向型を強みにする」を読んだ

「内向型を強みにする」という本を読みました。

なるほどーと思ったのは内向型の人は全体の25%しかいないという話でした。どおりで内向的だと生きづらいわけだと納得しました。

この本を読むことで自分のどういったところが内向的な面なのか自分で理解が深まったのもよかったです。読んだ後に、何か嫌な気持ちになったり、心地よいことがあると「あ、これは内向的な部分が反応したな/そうじゃないな」と自分を客観的にみて、その対応を冷静にできる機会が増えました。

他にも例えばパーティーが苦手だとか、人の多いイオンなどに行くと激しく疲れるってのは自分の内向的な面として認識していましたが、スポーツ観戦や音楽鑑賞がそれほど好きでないというのも内向型の特徴だったりするというのが知れたのもよかったです。

私の妻は本書を読む限り外向的に分類されるようで、『内向的な夫と外向的な妻の夫婦』のセクションは「なぜうちの話を知っているのだろう」というぐらいぴったりのことが書かれていて面白かったです。

こういったことを知ることで、普段自分が「なぜ他の人のようにうまくできないんだろう」と感じている点について、それが頑張ればできるのか、それとも頑張ったとしても難しそうなのかという判断材料の一つとして使えそうです。

ただし、この本はちょっと全てを内向的・外向的という分類で説明しようとしすぎかなというところもあるのでその辺りは多少割り引いて読む必要があるかなと思います。

 

フィードバックを元に機能改善をしました

受注フォーム機能をもっと便利に!「有効期限編集」機能と「備考欄」を追加しました!

上記の記事の通り、本日受注フォーム機能を改善しました。受注フォーム機能をリリースしたのが8月24日ですので、約2週間での割と素早い改善となりました。

今回の二つの機能は社内からのフィードバックと、顧客からのフィードバックからやることが決まりました。これは我々が実践している「ユーザーが本当に必要なものだけを作る」ということができている良い例だと思います。

Misocaではリーンスタートアップの考えに基き、大きな機能のリリース時には思いきって機能を削り、ユーザーの声やログ、行動観察を通じて必要な機能に絞って本当に必要なものだけを提供していくことを選びます。それがユーザーにとっても我々にとっても大きな課題解決のための最短ルートだと考えているからです。

今回いつもと違ったのは、少し前から試しているMisocaと親会社である弥生と共同で新機能のフィードバックをする場から改善がされたことでした。フィードバックの場には弥生のカスタマーサポートやマーケティングのメンバーも参加してくれています。たくさんのユーザーや提携会計事務所のコミュニケーションをしてきた経験豊富なメンバーからの意見はMisoca社内のものからは出にくいようなものもありますし、説得力があります。こういうところは仲間が多いことのメリットが出るなと感じるところです。

引き続き受発注の課題を解決するため改善を続けていきます。是非新機能をお試しください。

豊吉隆一郎

株式会社Misoca代表取締役

2002年より名古屋にてフリーランスとしてWeb制作を始める。
2011年6月、株式会社Misoca(旧スタンドファーム株式会社)を設立。

趣味はマラソン、将棋、マニュアル化。
CSNagoya勉強会共催者、名古屋Ruby会議スタッフ、OSCNagoya2011実行委員長など

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

最新記事