請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

ユーザーサポートの提供開始および、料金体系変更について

いつもMisocaをご利用いただきありがとうございます。Misocaの代表取締役の豊吉です。

本日Misocaのユーザーサポートの提供開始と料金体系の変更を発表いたしました。現在は使い方や操作のサポートは行っておりませんが、今後は電話・メール・チャットでのユーザーサポートをいたします。料金については、現在無料プランだけのところ、料金体系を見直し、無料のプランと有料のプランを提供していきます。

今回の変更はMisocaにとっても、私にとっても大きな決断です。多くの方が引き続き無料で使えるようにしていますが、それでもずっと無料で使えると思ってご登録いただいた方の期待を裏切ることになります。

弊社内でも様々な意見がある中で何度も議論を重ねてきました。そして様々な業種、経験のユーザーが急激に増える中、継続的に信頼できるサービスを提供していくには必要なことだという結論に至りました。この場をお借りして変更の経緯を説明させていただきたいと思います。

Misocaは2011年に私(豊吉)のフリーランス時代の「請求業務をかんたんにしたい」という想いからスタートしました。できるだけ私と同じようなたくさんのフリーランスの人に使ってもらいたいからと、多くの機能を無料で使えるようにしました。

それから6年が経ち当時はまだわずかだったユーザーが現在はおよそ20万ユーザーに成長しました。毎月の請求額は数百億を超え、日々大きなやりがいを感じながらサービスを運営しています。現在では元々の請求書を簡単に送れるサービスという枠を超え、取引全体を簡単・安心にできるプラットフォームを目指して売掛金の保証を始めとした多数の機能追加をしてきました。

ここまでMisocaが成長できたのは、Misocaを愛してくださった利用者の皆様のたくさんの口コミやフィードバックのおかげです。時には不具合でご迷惑をおかけすることもある中、Misocaをご利用いただいて本当に感謝しています。

一方、急激に増える多種多様な利用者の要望に応え、ビジネスツールとして安心して使っていただくには足りない点も出てきました。例えばインフラ、アプリケーションの保守管理体制の強化、ユーザーサポートの体制強化などです。事業者の重要なデータを預かり、取り扱うサービスとして社会的責任を果たすためには、これまでと同じ体制では不十分と考えました。

そこで当初の小規模事業者・フリーランスを応援するという方針は変えることなく、継続的に信頼できるサービスを提供するため料金体系を変更するという結論に至りました。

新しい料金体系は長い時間をかけて議論をして決めました。まずは既存のユーザーのおよそ7割が無料で使えるようにし、これまでと機能差はできるだけ無いようにしました。その上で毎月ビジネスで使っていると言える6枚以上の利用者から月々の請求書の枚数に応じて利用料金を頂くというモデルに決定しました。そして単に有償にするだけでなく、これまでなかった電話とチャットでのサポートの提供を開始することにしました。

我々はMisocaで世の中をシンプルにしたい、取引にかかるコストを下げ、より生産的な活動に集中してほしいという思いでサービスの運営・開発をしています。今回の料金変更でMisocaがより安心かつ信頼できるものになり、利用者の皆様の業務をさらにシンプルにするサービスとして成長していくことをお約束します。

引き続き事業者を応援するサービスとして発展してまいりますので今後とも変わらずご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

中京テレビハッカソン「HACK-CHU!」に審査員で参加しました。

3月4日に開催された中京テレビハッカソン「HACK-CHU!」の予選に審査員として参加してきました。

私も個人でWebサービスを作ったり、子どもの成長に合わせて家の中をハックしていくのは好きなので、集まった100人が限られた時間でどんなアイデアを出してくるのかとても楽しみでした。

個別に感想を書きたいところですが、まだ本選が残っていますので、今回は予選に参加した20チームのアイデアを聞いてどんなチームが良かったのか自分なりに良いアイデア、良いハックとは何なのか考えてみました。

意見・課題から生まれたハックである

ハックというのは問題を解決するものだと考えています。今回は協力企業からPepperや各種APIなんかが提供されていましたが「Pepperがあるなら、あのAPIがあるから」と考えてしまうようではよくないです。解決したいことがあって、そのためのAPIなどの道具を考えるような順序だといいですね。

自らの体験から生まれたアイデアである

身近に小さい子どもがいない人が子育ての問題解決に挑んだり、ファッションに興味のない人がファッションの課題解決に挑むというのは見えていない部分が多すぎて失敗する確率が高くなるでしょう。自分の体験から考えられたアイデアだと応援したくなりますし、自然にアイデアにリアリティがでます。

多くの人が気がついていないアイデア・ハックである

例えば「家事の課題に対して家政代行を依頼する」「泣く子供にPS4とNintendo Switchを買い与える」というのがアイデアでもハックでもないというのは誰でもわかると思います。しかし、課題について考えすぎてしまうと、この例のように単なるリソースの追加や組み合せだけのものをアイデアだと錯覚してしまうことがあります。アイデアやハックとは多くの人が気がついてないけど、聞いてみると「おっ、そんな方法があったのか」(もしくはやってみないと理解できない)となるようなものなんじゃないかと思います。

最後に

本選は3月11日、12日に行われ最優秀賞が決定します。この短い時間でアイデアをどれだけ形にしていけるのかとても楽しみです!

参加者の皆さん、関係者の皆様お疲れ様でした。

名古屋Ruby会議03が開催されます(2月11日) #ruby

名古屋で3回目となる地域Ruby会議「名古屋Ruby会議03」が2月11日(土)に開催されます。

招待講演に株式会社クリアコード代表取締役 須藤 功平さん(@ktou)、Rubyコミッタ 関 将俊さん(@m_seki)を迎え、その他にも多数の名古屋を中心とした豪華スピーカー陣の話が聞けます。

株式会社Misocaももちろんスポンサーとして協力させていただきますし、Misocaメンバーもスピーカーやスタッフという形で何人も個人的に参加しています。

まだ申し込みはできますので是非ご参加ください。今回は会場が大須演芸場です。私はリニューアル前の演芸場に将棋の大盤解説会で行ったことしかないのでとても楽しみにしています。

イベント概要

日時:2017/02/11(土) 10:00-18:00
会場:大須演芸場
参加費用:1,500 円
公式ページ:http://regional.rubykaigi.org/nagoya03/

イベント申込

名古屋Ruby会議03 – rubytokai | Doorkeeper
名古屋Ruby会議03 懇親会 – rubytokai | Doorkeeper

松江オフィスで誕生日会とUターン会社説明会を開催しました

15672881_10211981426472516_1432186505042304376_n

今年は正月にまとまって休みを取るので年末働こうと思っていたところに、松江でのUターンの人向けの会社説明会をしようという話がでて、30日がちょうどいいけどその日は誕生日だから誕生日会をしたら採用関係ない人とも交流が深められていいのではと誕生日会とUターンイベントを企画しました。(誕生日会は自費開催)

誕生日会・Uターン説明会に参加してくださった皆様ありがとうございました。

誕生日会の方は11月頃から募集を開始したのですがなかなか人が集まらず、毎週会社の報告の時間に「誕生日会の進捗ダメです」と報告するのが辛かったのですが、皆さんのシェアなどのお陰もあり満員御礼となりました。

15621963_1343795095694556_5798029588416159763_n

ほとんどの方が初対面に近いような人たちだったので、せっかくなのでということで自己紹介を最初にしました。「人生に影響を与えた出来事ベスト15」ということで私の人格形成に影響を与えたであろう体験について話しました。卒業アルバムを捨ててしまった話や留年した話など失敗談を織り交ぜつづ主役ということをいいことに思い出話をさせていただきました。

発表資料を作りながら、人生って些細なことにとても大きく左右されているなと改めて振り返るいい機会となりました。(幼稚園で同じロッカーの女の子がめちゃくちゃ怖かったこととか)

なぜこんな発表をしたかというと、ちょうど昨日風邪で1日寝込んでおり10年ぶり2度目ぐらいで「モーターサイクルダイアリーズ」という映画を見た影響があったと思います。この映画は革命家のチェ・ゲバラが若き日に南米大陸を旅した時のロードムービーです。映画は旅をしながら南米社会のよくない現実を見るにつれ、もう旅の前の呑気な学生には戻れなくなっていくチェ・ゲバラの様子が描かれます。

「俺は革命家になる!」というような分かりやすいラストではありません。そんなことは一言も言わないのですが、ラストに近づくにれチェ・ゲバラに確実にやると決めた覚悟と恐れがにじみ出てくるのがかっこいいのです。

もちろんこれは映画ですし、その後偉大な革命家となると知っているからこそそう読み取れるというのはあります。しかし、大きなチャレンジをする時は英雄だろうがなんだろうが恐れと共に心で決めて飛び込んでいくものなのだろうと思うと私は勇気付けられるのです。(映画では文字通り飛び込み、誰も超えられなかった一線を超えてしまいますね)

35歳が若いとか若くないとかじゃないと思います。飛び込まなくなったら若くないんです。2017年もちゃんと怖いところに飛び込んでいきます。

繰り返しになりますが、Uターン説明会・誕生日回に参加していただいた皆さまありがとうございました。最高の誕生日になりました。

松江Ruby会議08に協賛・参加しました #matrk08

12月17日に島根県松江市で開催された松江Ruby会議08に協賛・参加してきました。

会場が広かったです。90人近くがエントリーしたとのこと

ゲスト講演 「許可を得る前にプルリクしよう(仮)」 越川直人氏

「プルリク」というのは主にGithubというサービスで使われる「提案」のような機能です。「こういう機能をつけたいんですが〜」などと相談したりする前に提案してしまおうよという話でした。

越川氏の「許可を得る前にプルリクしよう」という話は以前から知っていたのですが、それが単にソフトウェア開発だけのはなしじゃなくて仕事や生活においても同じことなんだよというのがいいなと思いました。プルリクとはリーダーシップのことなんだなと私は理解しました。

OSSと会社のコードを地続きに考えて、境目なく手を入れていこうという考え方も見習いたいと思いました。

基調講演 「Power of story telling」まつもとゆきひろ氏

「犬が車にはねられて、自分はパニックになった犬に噛まれた」という犬好きにはショッキングなつかみからスタート。犬は元気になったということでホッとしました。

「石のスープ」「カエルのゆで方」「わらしべ長者」などを取り上げながら物語の力と、Rubyにはどういう物語があるのかという話でした。

ゲスト講演 松田明氏

松田氏が開発で使っているツールの話の紹介でした。と言ってもこういうツールを使っているよという話ではなく、ほとんどが自作しているツールでした。つまり良い開発環境は自分でコードを書いて追求していこうよというメッセージだったように受け取りました。

個人的にツールやメソッドの名前や振る舞いといったことに強いポリシーがあり、自分のポリシーと合わないのであれば改善を提案したり、自分で作ってしまったり、主流でないものでも採用していくという方針が面白いと感じました。また、それができることがプログラミングの楽しさだよなあと改めて思いました。

ライブコーディング「mrubyで携帯回線IoTデバイスを作ってみた」佐藤氏(pim)

ライブコーディングでLINEの発言に応じてクリスマスツリーを点灯させるという発表でした。トラブルがいくつもありながらもちゃんと点灯するところまでやりきって良い発表でした。

私も名古屋Ruby会議01で誰かが自分のサイトをブックマークするとパトランプが点灯するというデモをやったり、02ではセンサーに手をかざすだけでRailsがデプロイされるデモをやったりしました。失敗もありましたが、かくたにさんに「デモをする奴は伸びる」と褒められて嬉しかったのでその時の気持ちを思い出しました。

ナイスチャレンジだったと思います。

LT 日高克也

Misocaメンバーの日高さんも発表しました。Rubyが1.8の頃から今までの日高さんのRubyや自身がコミッターをしているThinreportsの歴史の話でした。

`$KCODE`とかあったなあとか懐かしい気持ちになりました。

感想

懇親会まで参加しましたが、学生などの若い人から若くない社会人まで幅広い人たちが集まっていて、いいコミュニティだなあと感じました。みなさん良い活動をされているんだろうなあ

Misocaの松江オフィス訪問

11月1日の開所後初めて行きました。松江センタービルという場所です。松江の方と是非一緒に働きたいという気持ちが湧きました。採用活動をしていますし(詳細)、年末には見学イベント(詳細)をやりますので気軽にご参加ください。

協賛

MisocaからはAmazon Dash Buttonを20個協賛しました!