請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

中京テレビハッカソン「HACK-CHU!」に審査員で参加しました。

3月4日に開催された中京テレビハッカソン「HACK-CHU!」の予選に審査員として参加してきました。

私も個人でWebサービスを作ったり、子どもの成長に合わせて家の中をハックしていくのは好きなので、集まった100人が限られた時間でどんなアイデアを出してくるのかとても楽しみでした。

個別に感想を書きたいところですが、まだ本選が残っていますので、今回は予選に参加した20チームのアイデアを聞いてどんなチームが良かったのか自分なりに良いアイデア、良いハックとは何なのか考えてみました。

意見・課題から生まれたハックである

ハックというのは問題を解決するものだと考えています。今回は協力企業からPepperや各種APIなんかが提供されていましたが「Pepperがあるなら、あのAPIがあるから」と考えてしまうようではよくないです。解決したいことがあって、そのためのAPIなどの道具を考えるような順序だといいですね。

自らの体験から生まれたアイデアである

身近に小さい子どもがいない人が子育ての問題解決に挑んだり、ファッションに興味のない人がファッションの課題解決に挑むというのは見えていない部分が多すぎて失敗する確率が高くなるでしょう。自分の体験から考えられたアイデアだと応援したくなりますし、自然にアイデアにリアリティがでます。

多くの人が気がついていないアイデア・ハックである

例えば「家事の課題に対して家政代行を依頼する」「泣く子供にPS4とNintendo Switchを買い与える」というのがアイデアでもハックでもないというのは誰でもわかると思います。しかし、課題について考えすぎてしまうと、この例のように単なるリソースの追加や組み合せだけのものをアイデアだと錯覚してしまうことがあります。アイデアやハックとは多くの人が気がついてないけど、聞いてみると「おっ、そんな方法があったのか」(もしくはやってみないと理解できない)となるようなものなんじゃないかと思います。

最後に

本選は3月11日、12日に行われ最優秀賞が決定します。この短い時間でアイデアをどれだけ形にしていけるのかとても楽しみです!

参加者の皆さん、関係者の皆様お疲れ様でした。