請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

島根県松江市での採用活動を始めました

先日Misocaで島根県松江市でRubyの開発者の募集を始めました。

弊社はリモートワークを取り入れているので、そもそも名古屋限定で募集はしていなかったのですが、今回特に島根県松江市で募集することになりました。

なぜかというと島根県や松江市がRuby言語の普及活動に力を入れていること、そしてすでに島根にMisocaメンバーがいるというというのが理由です。他にも6月に合宿に行って、場所も人もすごくいいところだったというのもあります。(合宿のレポート

単に松江市での募集活動に力を入れていくというだけでなく、きちんとオフィスも借りて拠点を作っていくことにしています。

弊社のような20人に満たない会社がもう一つ開発の拠点を作るなんて普通だったら間違った選択なのかもしれません。しかし、昨今のさまざまなツールの登場や数年のリモートワークの経験から、今であれば場所が離れていても問題なく一つのチームとして開発をしていけるという自信があります。

今回の拠点作りでは、個人個人がリモートにいる状況から一歩進めて、スモールチームが離れた場所にいくつもあるような組織作りにトライできるのではと考えています。

現在松江にいるMisocaのメンバーである日高さんはオープンソースのPDF生成ツールであるThinreportsのメインコミッターとして知られている方です。(参考:「地方にいても、チャレンジングな仕事はできる」松江からフルタイムでリモートワークをしているMisoca日高さんの働き方 : まだ東京で消耗してるの?

松江やその周辺にいらっしゃる方、松江へのUターン、Iターンを考えている方。まずはSkypeやハングアウトでご説明させていただきますので「興味がある」のボタンを押していただいてどんな感じか話を聞いてみませんか?お待ちしております。

豊吉隆一郎

株式会社Misoca代表取締役

2002年より名古屋にてフリーランスとしてWeb制作を始める。
2011年6月、株式会社Misoca(旧スタンドファーム株式会社)を設立。

趣味はマラソン、将棋、マニュアル化。
CSNagoya勉強会共催者、名古屋Ruby会議スタッフ、OSCNagoya2011実行委員長など

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

ビジネステンプレート

経理の教科書

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ