請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

Misocaドリンクアップを開催しました #rubykaigi

9月9日にRuby言語に関するカンファレンス「RubyKaigi 2016」にドリンクアップのスポンサーとして参加しました。

当日の話と、準備、スポンサーに関する思いについて書きます。

スポンサーになれてうれしい

Misocaは私(@toyoshi)とマツモト(@Dominion525)の二人で2011年に創業した会社です。そして私とマツモトがコンビで活動するきっかけとなったのが「たのしいRuby読書会」を2007年に名古屋で開催したことでした。

そこからRHG読書会を開いたり、名古屋Ruby会議01、02をマツモトが実行員長、私も副実行委員長のような役割で関わりました。(01の時に勝手にスポンサーを募集してかくたにさんに注意をされた時はRuby人生の終わりだと思いました)

今Misocaに関わってるメンバーもほとんどが勉強会を開催していくことで知り合っていった人がほとんどです。

そういうわけで、Rubyで集まり育ってきたような会社なので、今回初めてそれなりのお金を出せるところまで継続(つぶれず)・成長できたことをとても嬉しく思います。

当日

会場はRubyKaigi本編と同じ建物内のSwanという便利な場所を用意できました。当日名前とTwitterなどのアイコンが一致した方がコミュニケーションができるのでは?というアイデアから参加者のアイコンシールを用意しておきました。@taiki-tが手作業で一つ一つ全員の画像を取得し、私がサイズをそろえ印刷できるようにし、デザイナーがカッターで切るという手作業でした。

受付はDoorKeeperを使いましたが、iOSの受付専用アプリでのチェックインが高速なので百人近い参加者の受付を数名でスムーズに行えました。便利です。

最初の挨拶ではMisocaの取り組みや11月の松江オフィス開設について話をさせてもらいました。松江オフィスについては急遽参加してくださったRubyの父であるまつもとゆきひろさんにも応援の言葉をもらえたのが嬉しかったです。

また中盤にもセッションを設け、技術フェローのかくたにさんとMisocaメンバーで参加者の質問を受けるというのをやりました。

印象に残っているのは「(最新の)Rails5にした時の苦労はなんですか」という質問です。私にとって最新のRubyやRailsのバージョンを使っているというのは製品の品質という意味で重要なことですし、開発チームの健全さの証です。

Railsの最新版を使うことが当たり前で、その準備をちゃんと進めてきた開発メンバーの話を聴衆の一人として聞いていた私は「こう言う会社を作りたいなあ」と思っていた夢が実はすごくたくさん叶っていたのだなと改めて幸せを感じました。

そのあと「親会社とはどうですか?」という鋭い質問が来てバタバタしましたが。そういう素直なリアクションも含め、Misocaを知ってもらうのに良いセッションだったなと思います。

参加していただいた皆さんいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけてたらとても嬉しいです。

最後になりますが、私はまた次回もスポンサーがしたいです。しかもできればさらに大きな規模で!そのためには、皆さんの周りにいる「世の中を仕組みでシンプルにしたい!」と思っている」エンジニアをぜひご紹介ください。

では引き続き、RubyKaigi最終日も楽しんでいきましょう!

豊吉隆一郎

株式会社Misoca代表取締役

2002年より名古屋にてフリーランスとしてWeb制作を始める。
2011年6月、株式会社Misoca(旧スタンドファーム株式会社)を設立。

趣味はマラソン、将棋、マニュアル化。
CSNagoya勉強会共催者、名古屋Ruby会議スタッフ、OSCNagoya2011実行委員長など

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

最新記事