請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

平成28年度 起業家甲子園・起業家万博 東海地区大会 ICT Mentor Platform ビジネスプラン発表会に行ってきました

img_1371

本日は平成28年度 起業家甲子園・起業家万博 東海地区大会 ICT Mentor Platform ビジネスプラン発表会という大会に審査員として参加してきました。

「起業家甲子園」、「起業家万博」の全国大会の挑戦権をかけて12チームがピッチをするというイベントです。

ピッチの前には勝屋 久さんの講演がありました。勝屋 久さんことカッチャマンは以前は「プロフェッショナルコネクター」現在は「LOVEコネクター」としてスタートアップ・ベンチャーに関わる人であれば知らない人はいないという方です。

カッチャマンの話で印象に残っているのは

  • 目標は究極のカッチャマンになること
  • 本音で生きることを大切にしている
  • 本音で生きるためにはやりたいことを探して叶えていくことが大事

ということでした。この中で本音で生きるというのは私自身も一番大事にしていることですので、改めて「カッチャマンに対しても本音で生きていると言い切れるだろうか」と、自分自身について考えさせられました。

その他学生部門のピッチで出ていたところについて内容と感想を紹介します。

「錯覚介護~あの辺りさがしてみたら?~」 ココ・イル(中京大学)

画像認識を使って認知症の方の「なくし物」のトラブルを解決するサービスです。コンセプトとしてシステムが直接問題を解決するのではなく、システムが本人が解決できたかのようにサポートしてあげるという点が面白かったです。

画像認識とサポートにペッパーを使うということなので、いっそペッパーが「ものを預かる」「持ってくる」ということをしてくれたら僕も使ってみたいなと思いました。

「ITを活用した新しいベビーゲート〜見えないところで子供を守る〜」 中京大学

3歳児ぐらいまでの子どもが家の中で危険に合わないように、特定の行動を感圧センサを使い親に通知するするというサービス。資料がポイントをきちんと押さえており、話し方も堂々としておりとても素晴らしい発表でした。

私も子どもがいるので、子どもがベランダに一人で出たり、ベッドなどから落ちたりという心配はよくわかります。その上で、親が本当に欲しいものは通知システムじゃないよなと感じます。まずは今のコンセプトのプロトタイプを現場に持ち込んでフィードバックを受けることでいいものになる可能性を感じました。

「Mr.Link (ミスター・リンク)」 Mr.Crazy(中京大学)

大学の時間割アプリにSNS的な機能をつけたアプリです。

参入障壁が低いし、大学生が身近ですぐに思いつきそうなので、Snapchatの閲覧期限のような何か1点突破でバズるアイデアが必要かなと思いました。これもまず作ってリリースしてみると思いがけない発展の方向性がありそうです。「どうやって広めていきますか?」という審査員からの質問に「(他校でも)授業の5分前に宣伝する」と言っていたのが印象的でした。そういうことができる人であれば絶対うまくいくと思います。

「私の第2のおじいちゃん、おばあちゃん」 中京大学 大学院

時間がないという働く世代と、時間が余っているシルバー層をマッチングするサービス。

ビジネスモデルとしては成立しているし、世の中のためになるようにも感じます。ただ、実際に発注したい、発注されたいという人がいるかどうか発表では伝わりませんでした。今後ご本人が発注を受けたり、発注してみたりするとよりリアルなビジネスプランになるのではと思いました。

「みんなで食の物語を築くプロジェクトサイト-Kodawari-」 名古屋大学

食に関するクラウドファンディングサイト。

発表に熱がこもっていて引き込まれるものがありました。すでにオープン前で、参加する人も決まっているなど行動力も伴っており、今回本戦へのメンタリング権を獲得されました。今後のオープンが楽しみです。

全体的に学生の皆さんの発表のレベルの高さには驚きました。いろいろ調査もしているし、発表もよく練習しているのを感じました。素晴らしかったです。

今日は審査員としての参加でしたが、私もチャレンジャーの一人として今一度「本音で生きる」「やりたいことを叶えていく」ということを考え明日からもやっていこうと思います。