読書感想「Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学」

「Think 」「iMac」の名付け親であるケン・ シーガル氏が長年のスティーブ・ジョブズとの関わりの中で見つけてきたジョブスのシンプルさへの異常なこだわり(原題は「Insanely Simple」 異常なまでにシンプルみたいな感じ)を通じて、シンプルとはなにか、なぜ大切なのかということをまとめた話。

ケン・シーガル氏はiMacの名付け親だったり、伝説のThink DifferentのCMを作った人物。(下の動画はThink DifferentのCM)

特に印象に残ったのは徹底的に正直でいるという姿勢。ジョブスは口が悪いことで有名で、ヘマをしたりセンスの悪いことをすれば徹底的に叩きのめされるという話をよく聞くが、本書でもそういった例が何度もでてくる。

例えば著者とジョブスの初対面でのジョブスの発言

「君たちの作ったテレビコマーシャルはとてもよかったよ」とスティーブは言い、私の自信はさらに上昇した。彼はそれから私の目をじっと見て、とても親しげな笑顔のままつけ加えた。「でも、紙の広告はクソだった」

しかし、それは単に口が悪かったり、意地悪だったりというわけではない。まずは正直かつシンプルに物事の確信だけを伝えることが重要だと考えていたからのようだ。

たしかに仕事が多くなればなるほど、八方美人になればなるほど時間はどんどん足りなくなってくる。ジョブスほど残酷になれないにしても成し遂げたいことがあるのであればシンプルにいくのが近道だ。

本書を読んでいるとだんだんとシンプルでやることがとても素晴らしく、なぜいままでジョブスと同じようにシンプルでやってこなかったのだろうという気持ちになってくる。

しかし本書を正しく読めばわかるように、シンプルでやるには単に単純にやったり、手順を省いたり、奇抜な方法をとればよいというわけではなく、それなりの代償が必要だということがよく分かる。(残念なことに)

例えば本書の例をあげるなら、Macの包装に使う特殊な発泡スチロールが必要ならそれ用の金型代を支払う必要があるし、広告の入稿日をずらさせるなら交渉力が、iPhoneの外装デザインを実現するには技術力が、そしてなにより自分の選択を信じる強い意志の力が必要だ。

この本はシンプルという切り口から、Appleとスティーブ・ジョブズについて書かれた本だ。他のなんちゃってスティーブ・ジョブズ本なんかよりずっとスティーブ・ジョブズのことがよく分かる。

スティーブ・ジョブズが『シンプルの杖』を ふるえるのはそれが最短の道だと知っているからだ。『シンプルの杖』をふえない人間は時間をいい加減に使い、自分がなにをすべきかはっきりわかっていない人間というのが本書の(残酷な)メッセージなんだろう。

「シンプルには100かゼロしかない。」

その事実を本書で確認し、いま自分に覚悟があるなら、人生はずっとシンプルにできそうだ。

 

ワーク・シフトの読書感想(WORK SHIFT)

2025年の働き方を予測する話。とても深く考察されていて面白かった。

僕なりの要約

未来は暗い。人々はいま以上に忙しくなり、めちゃくちゃ仕事量が増える。複数の専門的技能がない人は仕事がなくてまともな仕事すらなくなる。

ほとんどの人が貧乏になり、お金持ちも超仕事が忙しくて大変。

漫然と迎える未来は来てしまうのか=>来るでしょ

本書では暗い予測と明るい予測がされるが、明るい予測の方はみんなが計画的にいまから準備しなくてはいけない。

僕はそんな明るい未来はくるわけがないと思う。だって過去にそんなことができたことがないのだから。できるとすれば私(1981年生まれ 。本書で言うY世代)より下のZ世代がそういう風にナチュラルに考えるような世代であるという可能性にかけるしかないんじゃないだろうか。

新しい貧困層が生まれる=>超ありそう

これはすごくありそうだ。今後情報技術がわからない人や、使いこなすことができない人が出来る仕事なんて低賃金になっていく一方だ。

昔の軍隊は根性があって突撃さえできれば入れたかもしれないけど、いまは根性に加えて精密機械の取扱やら無数の情報の取扱の技能がないと役に立たないのに似ている。

明るい未来について

コ・クリエーションの世界とか、ミゲルの例のように世界中の人と協力して地元の交通渋滞問題を解決するとか、ジョンとスーザンのように5年に1回半年休暇をとって社会貢献活動をするとかはあるだろうけど、それもこの人たちは能力が高くてきちんとした仕事があるからできるだけだ。二極化の下の人達はこんなことできないので全然明るい未来じゃないでしょう。

ミニ起業家が活躍する世界

これはすごくありそうだと思った。ただこれも専門技能がある前提だ。

シフトについて => 無理

3つのシフトが意識高すぎて驚いた。

第一のシフト

連続スペシャリストになれっていう。要するに戦士を極めて魔法使いを極めて賢者になれって話。

第二のシフト

協力してイノベーションを起こそう。強力な人的ネットワークを作れという話。

第三のシフト

大量消費から情熱を傾けられる経験を重視しようという話。これはY世代である僕としては割りと普通のことだなと思った。逆に大量消費に気持ち切り替えろって言われても無理だから、そのさらに逆の大量消費=>経験重視って言われてもムリだろうなと思った。

3つのシフトが大変すぎやしないか?

専門能力を2つ以上持ち、コミュ力も十分で、過去の価値観を捨てろって大変すぎる。

まとめ

「結局はまじめに勉強して働いて、コミュ力も高めないといけないのか、未来はつまらないな」

というのが正直なところです。

このままいくと世の中の八割ぐらいの人が貧困層になりそうですが、僕はそんな風にはならないと思っています。楽観的すぎますが2025年前後にはエネルギー関連でイノベーションが起こっており、例えばベーシックインカムみたいな制度が導入されていて貧困というのは少なくとも一時的にはなくなってるんじゃないかなと勝手に予想しています。

あと、世代間で価値観が違うって考察もすごくしっくりきました。僕は会社の代表取締役ですが、会社をどうしたいという気持ちが他の人より薄いんじゃないかという違和感があったのですがこの本を読んで理由がよくわかりました。

自分がやりたいことが会社を作ることじゃなくて、自分がいま取り組んでいることをやりたいだけなんだなということです。会社はいまそういう制度を使うのが便利だから使っているという感じでしょうか。

この本で一番面白いのは、いろんな世代のいろんな価値観が散りばめられていることでしょう。自分が「なんかここつまんないな、理解できないな」という箇所があったらそこが自分の価値観とずれているところなんでしょう。それが過去の話ならいいですが、未来の話しなら、それを受け入れられるかどうかが自分の2025年を決めるんだと思いました。

 

豊吉隆一郎

株式会社Misoca代表取締役

2002年より名古屋にてフリーランスとしてWeb制作を始める。
2011年6月、株式会社Misoca(旧スタンドファーム株式会社)を設立。

趣味はマラソン、将棋、マニュアル化。
CSNagoya勉強会共催者、名古屋Ruby会議スタッフ、OSCNagoya2011実行委員長など

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

ビジネステンプレート

経理の教科書

便利な見積項目リスト

最新記事

カテゴリ