請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

「初速思考」を読んだ

Evernote Snapshot 20140913 144030
初速思考 30代で一気に突き抜ける人の集中戦略をよんだ。

なぜ 仕事が予定どおりに終わらないのか ~ 時間ない病 の特効薬 タスクシュート時間術」を読んでから自分の仕事の進め方に大きな改善余地があるなと思ったので本書を読んでみることにしました。

本書が提案する下記二つが、これからの仕事でかなり効果的だなと思ったので紹介します。

  • 普段の仕事(会議・イベント主催・提案など)のスピードを上げて、効果を最大化していく方法
  • プロジェクトを成功させるために期間を3つに区切って考える「90日プラン」という方法

普段の仕事のスピードを上げて、効果を最大化していく方法

下記のステップで普段の仕事を加速させていきます。

  1. 普段の気付きや失敗、人の話を一行メモとしてためる
  2. 何度も繰り返す仕事(会議・イベント・提案など)に関してアクションリストを作る。
  3. アクションリストは蓄積した一行メモを使いどんどんブラッシュアップしていく
  4. これにより普段の仕事でのミスが減り、スピードが上がり、効果もでるということです。

私の場合だと「今回の会議は活発に議論されているな」とか「最初にこういう準備をしておけばよかった」ということがよくありますが、よほどのことでない限りその場その場で忘れていってしまうだけです。これを手帳で管理していくのは面倒ですがEvernoteで[会議]や[提案書]などのタグを付けてどんどん記録していくといいと思いました。

Evernote Snapshot 20140913 144221

 

(P95)

 

プロジェクトを成功させるために期間を3つに区切って考える「90日プラン」という方法

プロジェクトの期間を30日の3セットの90日で考え、高い結果を出そうというパターンです。

Evernote Snapshot 20140913 180003

(P164)

私はフェーズ1の「計画は6割」というのができていないことが多いです。最初に計画を立てなきゃ -> 計画するの大変 -> 思考停止ということがよくあります。6割と割りきって最初の結果を出すというのは実践していこうと思います。

まとめ

本書内では、さらにこういうやり方を進める方法を1つ1つ丁寧に説明してあったり、こういうプロジェクトの場合はこういう風に進めるという例が紹介されています。
現在プロジェクト進行を任されている人や、普段の仕事をより良くしていきたいと思っている人にオススメです。

 

初速思考 30代で一気に突き抜ける人の集中戦略
金田 博之
日本実業出版社
売り上げランキング: 10,428

豊吉隆一郎

株式会社Misoca代表取締役

2002年より名古屋にてフリーランスとしてWeb制作を始める。
2011年6月、株式会社Misoca(旧スタンドファーム株式会社)を設立。

趣味はマラソン、将棋、マニュアル化。
CSNagoya勉強会共催者、名古屋Ruby会議スタッフ、OSCNagoya2011実行委員長など

請求書サービスMisoca
やよいの青色申告オンライン

最新記事