請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

無料で試してみる

MENU

作る前に売れるかどうかを検証する

いまMisocaでは新機能の開発をしていて(過去に新機能を開発していなかった時期はないのだけど)、それが大きめのものなので顧客インタビューをしようとしています。

顧客インタビューをするというと

「市場調査やユーザーテストなんて意味がないし、顧客は本当に欲しいものは知らない。とっとと作ったほうが早い」

というようなことを言われることがあります。私も早く作りたい方なので気持ちはわかります。ただ、そういう意見が出てくるということは、私やMisocaが採用しているリーンな製品開発の文脈でいう顧客インタビューとは前提の認識が違っているということです。そこで、このエントリーでは改めて顧客インタビューとはどういうことなのか整理したいと思います。

私が顧客インタビューでしたいことは「作るより先に売りこみをする」ということです。

例えば私は顧客インタビューを初めてする前はこういうことを思いました

・インタビューに最適な人はどうやって見つけるんだ?
・都合のいいインタビューイーを見つけて意見を聞いても意味がない
・何人にもインタビューするのは時間がかかって大変だ

しかし、よくよく考えるとこれらのことはどうせ製品を作ったらしないといけないことです。欲しいと思ってる人を探したり、たくさんの人に製品を知ってもらうようにしたり、利用者に意見を聞いたり・・・つまり本当に製品を作った後に「買いたい!」という人を探すことができるというなら、先に探すことだってできるはずだということです。

そして、もし先に「買いたい!」という人に出会えたなら、どうしてその課題を解決したいのか、他にどんな機能がセットになっているべきなのか、逆に不要な機能は何なのかを聞くことができ、最初の開発期間を数週間単位で短縮でき大きな無駄の削減になります。

Misocaの例でいうと開発前に次のようなアンケート用紙を持って私の知り合いをまわりました。

Misocaは私自身の「請求書が面倒くさい」という気持ちから始まったサービスですが、実際他の人はどう思っているのか聞きに行ったのです。「面倒くさい」と共感してくれる人も多かったですが「大事な仕事だから手渡しにこだわってる」「楽しい仕事だからそういうサービスは使わないと思う」というような仮説を壊すような意見もたくさんもらいました。
そんな中でも「お金を払ってでも使いたい」という人に、じゃあ実際どういう機能が最低限必要かということを聞いて最初のリリース時に必要な機能を決めていきました。
あの時インタビューをしていなければ、必要な機能が何かわからず、あれもこれも「あるべきだ」「ないのは非常識だ」と想像上の顧客の意見を聞きながら開発し、リリースに何倍も時間がかかったと思います。

作ってから売るのではなく、売れるかどうか検証してから作る。それが事業の成功確率を上げ、自信を持って開発できるコツだと思います。

次回は「何をインタビューするか」について書きたいと思います

目的をぶらさないMisocaの会議の進め方のコツ

「Misocaのミーティングは慣れないとつらい」

という話を最近Misocaのミーティングに参加し始めた人から教えてもらいました。詳しく聞くと、突然話を遮られたりすることがよくあるのでびっくりするということでした。

具体的には

「その話は今の議題と違うんでやめましょう」

「その話は後で当事者同士でやってください」

という発言がバンバンされるので、慣れないと人格を否定されたような辛さを感じるということだそうです。こういう発言はMisocaにとっては当たり前のことなのですが、確かに親しくない人にそういうことを言われたらびっくりするよなあと考えさせられました。

Misocaでは会議の時間はできるだけ短くしようという意識があります。そのため会議の目的から脱線した場合は誰かが指摘して軌道修正するということが当たり前にされます。

他にも目的を持って会議を進める時には

「この会議の目的ってなんでしたっけ?」

「あと○分ですけど、結論出ますか?」

「ホワイトボードで書いて / 画面共有して進めましょう」

といった発言もよく出てきます。

大事なのは

「あれ?なんか変だな。ずれてるな」

と思ったらすぐに指摘することと、それを指摘することは全体にとっていいことだという共通認識を持つことです。(私もよく指摘されます)

会議というのはチームにとってコストの高いものなので効率よく進めたいとなと改めて思いますし、一方誰であろうと慣れない人がいるときは配慮があるとより良い会議になるなと感じた話でした。

 

松江オフィス始まります(松江でミートアップも開催)

img_5706

先日島根県からも発表があったように、いよいよ松江オフィスがスタートします。オフィスの開所は11月1日で、場所は関係者に「ルビービル」(回文)と呼ばれている駅前の松江センタービルです。

写真は弊社が新規立地計画というものを出し認められたのでその調印式の時のものです。(左:島根県溝口知事、右:松浦松江市長)

この計画を提出したことにより、交通費や人件費などで様々な支援が受けられます。こういった制度は金銭的な支援面に目が行きがちですが、私としては島根や松江をRubyで盛り上げていこうという職員の人たちとチームになれたというのが嬉しいです。

今週はRubyWorld Conference 2016が松江で開催されます。Misocaのメンバーも何人か行きますし、島根のスタッフでThinreportsのコミッターである@hidakatsuyaももちろん参加します。

Misocaではそれに合わせて の前日に一緒にご飯を食べる企画をしています。まだ応募可能ですので是非ご参加ください。

RWC2016前夜にMisocaメンバーとご飯を食べよう(締め切り:11月1日まで)

最近のコーヒー環境 2016

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-16-32-00

Misocaがやっているメディアで「バリスタ直伝!自宅での美味しいコーヒーの淹れ方講座 豆の選び方、必要な道具からドリップまで|フリーランスブック」という記事が公開されています。

かなり詳しい人から聞いたようでコーヒー好きとしては楽しく読みました。特に急須スキッターというポットのそそぎ口をさらに細くするための道具は知らなかったので勉強になりました。ティファール社なんかが出している湯沸かし器につけられるものがあればすごくニーズがありそうです。

僕の方は2015年にコーヒーをどう飲んでいるか書いた(こちら)のだけどあれから1年半ぐらい経ってまた変わってきました。道具や好きな豆も変わってきたので改めて現状を紹介します。

コーヒー豆

今住んでいる名古屋駅近辺には徒歩で行ける範囲で焙煎している店を知りません。TRUNK COFFEEという店が人気だけども、私の住んでいるところからはやや行きにくい場所にあります。なのでいっそ離れてcoffee Kajitaか、岐阜の山田珈琲YAJIMA COFFEESHERPA COFFEEなどで買います。最近気に入っているのはYAJIMA COFFEEのブレンドです。コクがあるのに後から広がる華やかさがとても好き。

ドリッパー

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-16-31-46

去年はフレンチプレスでいれていましたがカリタ ウェーブドリッパーというものに変えました。理由は

  • 一番美味しいと感じている岐阜のYAJIMA COFFEEがカリタで入れている
  • フレンチプレスの微粉が嫌になってきた
  • ウェーブドリッパーは雑にいれても味が安定している

といった感じです。ウェーブに何の意味があるのかと思ってましたが、使ってみるとドリッパーとフィルターが密着しないことや、お湯が落ちていきながら豆がウェーブの溝にくっついていくなど見た目にもこの製品の工夫がわかりました。これらのことにより蒸らしすぎない・お湯が豆に均一に当たるようにといったことが自然とできるようになっています。

そんなわけで普段はウェーブドリッパーでスッキリいれて、ちょっとコクが欲しいなという時は友人にもらったリネンのドリッパーでオイルごと抽出しています。

温度計

タニタ スティック温度計 フランボワーズピンク TT-533-NPK

温度計はお湯の温度を毎回同じにするために使います。いつもと同じ量の時はわざわざ使いませんが、違う量などを入れる時は計って確かめます。

 

Russell Hobbs 電気カフェケトル 0.8L 7200JP

電気カフェケトルです。先が細くなっているのでそのままドリップに使えるものです。最近あのバルミューダもコーヒー用のケトルを発表しましたので少し気になりましたが、トースターとは違って高機能なわけではないようですね。

 

HARIO ( ハリオ ) 手挽き コーヒーミル ・ セラミック スリム MSS-1TB
  1. お湯を沸かし始める
  2. コーヒー豆を24gミルに入れ、ゆっくりと挽く
  3. お湯が沸いたら加水して90度にする
  4. コーヒーサーバー、コーヒーカップにお湯を入れて温める
  5. お湯を捨てる
  6. ドリッパーをセット
  7. お湯を少し入れてタイマーで測りながら30秒蒸らす
  8. タイマーを2分にセットし3回に分けてお湯が300ml落ちるようにする
  9. 飲む

ウェーブドリッパーは適当にいれても美味しいし、ちゃんと飲みたい時も高得点を出してくれる優等生ですのでオススメです。

面談カードとランチ交通費無料券の配布を始めました

img_1202

会社で採用活動を活発にするための工夫として「特別面談カード」「ランチ&交通費無料カード」というのを作ってMisocaメンバーに配りました。

特別面談カードはMisocaの誰でも指名して面談できるカード、ランチ&交通費無料カードはその名の通り会社見学の時の食事と交通費が無料になるカードです。もちろん遠方からの場合は新幹線代も無料になります。

これを作ったきっかけはRubyKaigi 2016にスポンサーとして参加した時に、採用の話題をする時に何かツールがあったほうがいいのではというアイデアです。

多くの人がそうだと思いますが「転職考えてますか?」や「知り合いで転職を考えている人はいませんか?」といったことはなかなか自然に出てくる話題ではありません。こういったツールを作ることで「今こういうことやってるんです。」と話がしやすくなりました。

このカードは私やMisocaのメンバーが持ち歩いておりますので興味のある人は是非声をかけてください。もちろん採用ページWantedlyなどでも引き続きエントリーや会社訪問を募集しております。